高校生にも欠かせないうつ病チェック|重症化することを防ぐ

サイトメニュー

若年世代のメンタルケア

医者

継続的なサポート

企業のメンタルチェックが義務化されている一方で、軽視されているのが若年性のうつです。中学生や高校生でもうつになるケースがありますし、定期的なうつ病チェックを怠らないことが大切です。とりわけ高校生に関しては、大人でも子どもでもないモラトリアムな時期です。周囲の大人が注意深く観察することで、重症化することを防ぐことが出来ます。学校でうつ病チェックを行うこともありますし、当てはまる項目が多ければ専門医の診察を受けるようにして下さい。メンタルクリニックでの治療は、カウンセリングと投薬になります。医師やカウンセラーが話に耳を傾けてくれると、安心感で心の重荷が下りることがあります。投薬治療に関しても、心身の安定に繋がると言われています。近年の薬は副作用も少ないですし、継続的に飲むことで再発のリスクを抑えることが出来ます。半年〜一年の通院を要することもありますが、完治を見込める病気と言えます。プライバシーはしっかりと守られますし、じっくりと話を聞いて貰えるので、回復への一歩になるのではないでしょうか。グループワークも積極的に取り入れられていますし、同世代の同じ病気の若者と話をすることが出来ます。一人で悩まないことが大事です。受験、恋愛、家族や友人との人間関係、高校生にとっては大きい過ぎる問題がのしかかることもあります。最初は小さなほころびであったとしても、そこからうつ病に発展するケースは珍しくありません。学校全体や保健室でうつ病チェックを行うことで、生徒の心身を健康に保つことが出来るのではないでしょうか。近年はスクールカウンセラーを配置する学校も増えていますし、うつ病チェックの結果によってはメンタルクリニックの受診を勧められることもあります。かつては通院することに抵抗があったメンタルクリニックですが、院内の雰囲気が明るく清潔ですし、医師やスタッフが万全のサポートをしてくれるはずです。心情を包み隠さずに話すことで、共に解決策を模索してくれる土台が出来ています。定期的な通院で完治が見込めますし、アフターフォローを怠らないことで、再発を防いで学校生活を送ることが出来ます。いまやうつ病は社会問題になっていますし、高校生の頃から対策を知っておくと慌てることがなくなります。女子高生ほど発症の確率が上がると言われていますし、自傷行為に走ってしまうケースも目立ちます。親御さんや先生がサポートをすることで、それらは防げるのではないでしょうか。

Copyright© 2019 高校生にも欠かせないうつ病チェック|重症化することを防ぐ All Rights Reserved.