高校生にも欠かせないうつ病チェック|重症化することを防ぐ

サイトメニュー

休養や睡眠などが大事です

悩む男性

精神的なストレスが要因

うつ病は社会人や、高齢者などの大人が罹るイメージを持っている人が多いですが、思春期の年代の高校生も罹る可能性があります。中学生の頃に比べると、人間関係も複雑になってきますし、偏差値の高い学校に進学をすると勉強も大変になってきます。高校生は体が発達していますが、精神的には未成熟なので、精神的なストレスを感じやすく、ホルモンバランスの乱れなどが原因で、心身の不調を感じやすい傾向があります。高校生がうつ病に罹ると、気力や意欲が減退して成績が低下したり、ぼんやりとして話を聞いてなかったりと感じることもあります。明るい性格のお子様が、友人と電話を掛けるのを避けたり、外出をしなくなったりすることもあります。気になる症状が見られる場合は、精神神経科のクリニックや病院、心療内科を受診させて、うつ病チェックを受けることが大事です。精神神経科の医師は、家族や本人から話を聞いたり、問診などのうつ病チェックをしたりして、病気を診断することが多いです。十分な休息が大切な病気なので、学校に行くのが辛い場合は、一時的に休学をさせることも大事です。高校生の場合は、両親などの大人の影響を受けやすく、家庭環境があまり良くないと発症する確率が高くなる傾向があります。高校に進学をすると、友人や教師との関係に悩んでいる人も多いですし、異性に関心を持つ時期なので、失恋を経験することもあります。学業や進路の悩みを持っている人も多く、ストレスや不安感などが原因で、高校生もうつ病を発症することがあります。高校生がうつ病に罹ると、夜に十分な睡眠が取れず、昼間に眠気やだるさを感じることもあります。高校生の場合は社会人に比べると、症状が改善しやすい傾向があります。精神神経科の病院やクリニックは、清潔で落ち着いた雰囲気になっており、言葉遣いの丁寧な医療スタッフが在籍をしています。お子様はもちろん、親御さんも通いやすい雰囲気になっています。お子様は自分で症状を自覚していないことも多いため、親御さんが付き添ってあげることが大事です。精神神経科の病院やクリニックでは、うつ病チェックが受けられるので、早めに受診することが大事です。うつ病チェックを受けて、病気が診断されると抗うつ剤や抗不安薬などを処方します。薬の副作用が心配な親御さんも多いですが、比較的副作用の少ない、安全性の高い医薬品が開発されているので、安心して服用ができます。症状が改善してくると、薬を減薬してもらえるので安心して下さい。高校生の場合は、不安や悩みを親御さんが聞いてあげることも大事です。

Copyright© 2019 高校生にも欠かせないうつ病チェック|重症化することを防ぐ All Rights Reserved.